水稲の種まき

こんばんは。

 

GWが終わりました。

 

5月3日、「シンデレラ」実写版を見てきました。

ネズミとかアヒルとかが出てきたりして、面白かったです。

 

4日、5日は、神戸のステーキ屋で神戸牛を焼いてました。 やっぱこどもの日は、子供連れが多かった!!

あの場所に帰ると、大学の頃を思い出せて、若返る! 今年のGWも楽しかった!

 

 

さて、そんなことしてる暇は本当はなく、水稲の種まきに追われてます。

 

種籾は、以前(4月下旬)の温湯消毒後、7日間水につけ、その後、冷蔵庫保管もしくは乾燥保管をし、一昨日から一晩再度水につけ、昨日、むしろ(藁で作られたマットみたいなもの。通気性抜群! )の上で天日で乾燥させました。

 

また、育苗ポットに土を入れました。

10反(10000㎡)だと、300枚くらい苗ポットが必要です。

土を手で入れるのは大変でした!

11136169_773068246125680_7652915630539411270_o

 

その後、種まきへ。

播種機は、近くで合鴨農法をされている方からお借りしました。大変助かりました。

11203722_773068266125678_6940443919529862734_n

 

なお、一部、ホームセンターで買った稲作用育苗土は、上記播種機にうまく適合できず、無駄な投資となってしまいました(粒がでかく固すぎて詰まり気味になり、機械がスムーズに前に進まない。)

なので、本日、朝一で、みのる式専用土を農機具屋に買いにいきました(さすがメーカー! 機械と土のセット販売。長けた戦略です。)。

 

その後、残りの土入れ、種籾播種を全て終わらし、苗代(先日、作っておいたやつ。下の写真。)へとポット苗箱を、運びました。

苗代へは、今朝、水路からポンプアップで、再度水をはり、苗ポットが水に半分くらいつかるようにしました。

水張りの間に、根切りマットをしきました。

11174615_773477629418075_8462408597916568410_o

 

夕方、100枚のヒノヒカリを並べて、その後、ベニヤ板で踏み、苗代の土とポット苗箱を密着させました。

7時半をまわっていたので、辺りは暗く、時折、かえるの合唱が。

続きは、明日!!

 

休み明け 播種に追われる 一年目

 

11228048_773477952751376_4602209727331505204_n

(家横の畦の一輪)

 

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。