合鴨の雛と田植え

こんばんはー!

 

この言い方のイントネーションがやっとつかめてきた今日この頃です。(といっても文字では伝わりませんが。なかなか独特です。)

 

 

ここんとこ遅寝早起きが続いてます。

 

11日に合鴨20羽、13日にも合鴨20羽来て、てんやわんやです。

 

13日のは、ツムラ本店さんの河内鴨というブランドで売られている合鴨です。

買うとき見落としてたんですが、生まれて5日から7日のが届くので、少し大きめでした。

色んな売り方があるんですね。育てる手間賃はかかるけど、需要と供給の調整はしやすいのかもしれません。

 

11日に来たのは、生まれてすぐの0日齢の子たちでした。

1780198_790688644363640_7229677045092810712_o

個人的には、0日齢の方がいいと思います。

 

11日に来たのが1匹初日に死んでしまいましたが、他は、今のところ元気にしてます。

死んでしまった子には本当にかわいそうなことをしたなーと、今でも少し引きずってます。

 

合鴨には、色々考えた末、田んぼにベニヤと金網で小屋を作りました。

田んぼの周囲にはる柵は、、、、、、これからです 。 (ToT)

11251047_790688654363639_8186127492260696204_n

 

 

合鴨の対応に追われながら、

昨日、今日で田植えを6反(6000㎡)ほどやりました!

10506612_790688631030308_2438392734855459847_o

品種は、ヒノヒカリとコシヒカリです。

 

あと5反残ってます。

 

今回は、米の品種を多く作ったのですが、色々面倒なことが多かったです。

 

来年は、ヒノヒカリ(中生)、キヌムスメ(早生)、コシヒカリ(極早生)、ハリマモチ(中生)でいこうと思います。

 

今年の田んぼは、なんだかんだで12反になりました。

 

 

 

田んぼには 日本の風土が 詰まってる

 

 

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。