みやま小カブ

こんばんは!

 

この2日、雨が続きます。

 

雨の予報だったので、3日前に、ほぼ最後となる6畝(600㎡)の合鴨田んぼの稲をバインダーで刈りました。

これを全部、稲木で天日干しする計画でした。

朝の10時過ぎから刈り始めて、刈り終わったのは、14時くらい。

そこから、稲木にかけていったのですが、6畝分(収量はそれほどないので、一般的な圃場だと3畝分くらいかもしれません。)でも、思いのほか多く、その日のうちには全部終わりませんでした。

なので、昨日は、途中からぱらぱら雨降って来たけど、ひたすら稲木に稲穂をかけてました。

稲木がけをやってみて、色々わかったことがあります。

まず、一番下の稲木は、100cm以上、出来れば120cmくらいの高さにした方がよいこと。そうしないと、地面と稲穂の距離が十分にとれません(今回は、所々支柱を間にいれました)。

次に、稲木の3本足は、丈夫なものを使うこと。

私は今回3段掛けにしてみたので、丈夫なものでないときついです。

総長30メートルの稲木の真ん中ら編の3本足のうち、2本が折れてしまい、雨の中、修復作業に苦戦しました。 3段積みなので、持ち上げるのが、相当きつかったです(重すぎたので、いくらかの稲穂は、降ろしました)。

なんとなく、やばそうだなーと思って作業してましたが、2段かけたあとで、やばそうな足を入れ替えるという決断は、出来ませんでした。

また、稲木の横棒も、丈夫であまりしならないものにしないといけません。

今回は、竹が多かったので結構しなって、真ん中が重みで垂れ下がったりしたので、所々支柱を間に入れました。

出来れば竹ではなく、足場丸太という類いの直径10cmくらいのものがよいと思います。

来年は、なんとかこの丸太を調達しようと思います。

おそらく10年生くらいの間伐材が適当な気がします。

3段にすると、風で倒れた時の修復作業が1段の3倍かかるので、そこらへんのリスクも考えて、何段にするか決めた方が良さそうです。

雨だったので写真は、まだとってないので、また、写真とって載せたいと思います。

明日、起きて、また倒れていないことを切に願います。

 

 

さて、本日は、新龍太鼓のデビュー戦でした。

場所は、JA新宮支店でした。

曲目は「初心」です。

10409060_859943544104816_5381932015030123348_n

まさに初心。

11220902_859943534104817_6408610469848478438_n

基本の動きが、色々つまった曲で、どんどんテンポアップしていく、躍動感のある曲です。

無事、頭が真っ白になることなく、曲の途中からは、結構音を楽しみながら出来ました!

12227571_859943524104818_5658737105972040390_n

4月から見学させてもらい、7月に正式入会。

10年前、新龍太鼓で叩いていた方にマンツーマン指導してもらっています。とても幸運です。

また、メンバーの方に、楽譜を書いてもらったり、衣装作ってもらったり、色々教えてもらったりして、なんとか今回叩くことが出来ました。

有り難く思っています。

今後も、初心を忘れず、他の曲を覚えて、もっとうまくなりたいと思っています。

また、太鼓の皮は牛なので、牛にも感謝しながら、叩いています。

 

 

これは、

11222580_860054377427066_3836411983004332911_n

みやま小カブです。

出過ぎ!

いかにも開けっぴろげでほんま好きです。色白なところも最高!!

いつも思わず、一人で小カブに突っ込んでます。「出過ぎやろっ! 」って。

どいつも↓

12243118_860054357427068_754455478194300633_n

こいつも↓

12239707_860054337427070_4817911123039095130_n

出てる。

こちらも↓

12234846_860054327427071_1899067855652298720_n
小カブです。

種まきが少し失敗した場所です。

こちらは、満員電車で乗りきらないで飛び出てしまった感じ。

なんか狭いスペースで無理矢理おおきくなろうとしてる感。

おしくらまんじゅう感。

お互い譲らない感じに、いつも癒されてます。

小カブは、すげー手軽に育てられるので、是非育ててみてください!

 

 

最近、実家で国産小麦100%のPascoの食パンを食べました。

トップバリューにも置いてて、外国産の食パンの倍近くの値段がしました。

でも、結構国産の方、売れているみたいでした。

味比べで、国産と外国産、両方買ってみました。

そして、まずは、季節のピザトーストを作ってみました。

食材(写真+みやま小カブ)

12243182_860054314093739_7058064993710588769_n

ピザソースにオニオンスライス

11707336_860054290760408_4243141406970199873_n

ホウレンソウのせて、みやま小カブのスライスをトッピング。

なお、ホウレンソウにえぐみが強い場合は、さっと下茹でするとか、さっと炒めてフランベーして少し蒸すとかしてから、パンに乗せた方がいいかもしれません。

1506746_860054270760410_12352435072993680_n

ゴーダチーズ。右は、マヨネーズトッピング。

12227645_860054254093745_7566134270524438134_n

チカチカチカチカチカチカチカチカ、、、、、、、、チーーン。

12241322_860054240760413_6882458072925024813_n

季節のピザトースト。

キッチンカーメニューの候補です。

(右のは、最後ネギもトッピングしてます。)

12227548_860054217427082_4237725533895867390_n

季節のピザトースト。

まず野菜、

その後、ピザソース(玉ねぎ・トマト・バジル・人参など)、

次に、食パン(小麦)、

次にチーズ(牛乳など)、

そして、お好みトッピングのマヨネーズも(卵・玉ねぎ)、

全てけんたろう農園産を目指します!

お次は、農家のトースト朝食です。

朝採れ野菜。

12243324_860054207427083_4012203698465924262_n

炒めて、目玉焼きトッピング。

12219594_860054190760418_5775251470351566304_n

秋どれトマトをトッピングして、牛乳入れて、完成。

12227806_860054177427086_3735113247663820752_n

農家のトースト朝食。

今回の野菜は、全てけんたろう農園産です。

今後、目玉焼き(平飼い養鶏卵)、

次に、食パン(小麦)、
次に牛乳(ジャージー牛)、

の自家育成を目指します!

 

 

あと、

先日取材いただいた日本農業新聞、11月16日(月)に掲載されるようです。

私が在学していた日本農業経営大学校の学校紹介の中の卒業生紹介みたいな感じみたいです。

日本農業新聞を読む機会がある方は、みていただけると幸いです。

 

 

色白で 開けっぴろげな 小カブたち

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。