玉ねぎの定植

おはようございます!

 

毎度ながら、

時が経つのが早いです。

 

稲刈りが、やっと一段落し、遅れている玉ねぎの定植作業に入りました。

11月に入り、雨が多くなり、畑があまり乾いていません。

特に以前田んぼだったところの水はけの悪さは、際立っています。

 

玉ねぎは、稲刈り前に、種をざざっと播種し、その後、あまり面倒をみずに、育てていました。

9月末蒔きは、雨がそこそこあったので、ある程度出来てきましたが、10月初旬まきは、3週間以上雨なしで、水やりもろくにやらなかったため、あまり順調ではありません。

下の写真は、玉ねぎ苗の畝です。

雑草で埋め尽くされ、一件、何があるのかわかりません。

私自身、玉ねぎの苗が、ちゃんと育っているのか、不安でした。

 

12274510_863062557126248_7861560487321572813_n

ただ、よく見ると雑草のなかに、玉ねぎ苗がいます。

12249987_863062537126250_4141572955635823348_n

こいつらを、移植ごてで掘り出しています。

意外に育つもんです。

ただ、作業効率が、かなり悪くなるので、来年は、もっとうまく育てようと思います。

12295495_863062517126252_1112241662593028945_n

掘り出してみると、そこそこ育っていました。

12294782_863062497126254_3725370207351733092_n

 

家の横の畑は、2作目に突入しました。

畑の土は、作物を育てれば育てるほど、肥沃になっていってる気がします。

あくまで、現段階では、感覚です。

 

また、同じ畑でも、場所によって、作物の生育スピードが明らかに違い、遅いところは、土がカチカチな感じです。そんな場所は、雑草の生育スピードも遅いです。

 

土がやせている間は、成長スピードの遅さも考慮して、種まきなどをする必要があります。

 

下は、春から植えているゴボウを掘ったあとです。

深さ20cm以上から明らかに色が違います。

11986430_863062710459566_8118575687603851900_n

ここで、驚いたのは、ゴボウを植える前は、この色が変わっている部分は、

スコップでいくら掘ろうとしても、全然歯が立たないくらい固かったのに、

ゴボウを掘り出す段階では、手でも土をかき出すことが出来ました。

ゴボウ自体は、深い土の固い部分は根っこがいびつな形をしていましたが、確実にコウバン層を破壊し、

土をやわらかくしてくれていました。

 

「ゴボウは、大地を耕す」みたいです。

 

下は、稲木がけ3段です。

合鴨米です。

先週一度、真ん中当たりが折れてしまい、修復作業に苦労しました。

折れた箇所は、明らかに稲木足が細い場所でした。

 

先日も2日ほど雨が降り、雨の重みで稲木が折れてしまうことが危惧されましたが、無事でした。

今回は、ラッキーでした。

稲木は、十分に頑丈な足や棒で作る必要があることを身をもって感じました。

特に3段もかける場合は、折れたり倒れた時のリカバリーの大変さも考慮しないといけません。

6畝分で12時間ほどかかりました。

12240052_863062633792907_2262398017249745470_n

 

 

最近の定番メニューは、ブリのカマ煮もしくはアラ煮です。

大体、カマやアラは半額のときに買います。

そこに、農園でとれた大根やらカブやら、ホウレンソウの根っこやらショウガやらを入れて、

酒、醤油、みりん、砂糖で味付けし、落としぶたをして、20分ほど煮詰めたら完成です。

手軽にうまいです。

11012087_863062697126234_6787141899381246906_n

 

下は、間引きニンジンとカブの浅漬け。

ニンジン葉は、少し火を通して、ぱりっとさせた方が食べやすいです。

ふりかけとか、かき揚げとか。

カブは、うまかったです。

12295406_863062680459569_4765678790027898929_n

 

けんたろう米の新米と一緒にいただきます。

12249894_863062657126238_23461540520879789_n

 

11月21日から23日(本日)まで、たつの市のオータムフェスティバルにて、

けんたろう米を販売しています!

場所は、109番です。中では、豚汁定食も食べれます!

おにぎりは、けんたろう米です。

12274267_900253390092948_6794111162503364368_n

11204415_899760263475594_7205742252335828559_n

 

 

私は、今日は、新龍太鼓2戦目!  場所は、JA揖西の収穫祭です!

 

 

作るほど 日増しに大地が 肥えてゆく

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。