春近し

おはようございます!

久々の投稿になりました!

3月で就農して1年が経ちます。

あっちゅうまでした。

これくらい月日が早いのは、大学生活以来でした!

さらに、あのころより情緒が安定していて、(色々な)悩みが少ないように感じます。

 

ここのところは、3月からの一年、また、新たな気持ちで臨めるよう必死で負の遺産(今年度中にやっておこうと思っていたこと)を片付けている最中です。

 

まずは、ハウス内の暗渠作り。

ひたすら方々の竹を伐採しては、放り込んでいます。

色々な方に手伝ってもらい、思いのほか早く進んでいて、現在20メートルくらいは埋まりました。

水はけは、抜群によくなっていると思います!!

12794333_909275255838311_4337953865711432108_n

ハウスの横なども、所々ユンボで深く掘っていたんですが、どうやら水脈があるらしく

水がわき出している箇所が何カ所かあります!

その中の2つがハウス入り口の横にあり、天然の水槽に!!

12800359_909275699171600_7586432509228980100_n

これはなかなか便利です!

12803145_909275725838264_3996997819962844825_n

田んぼとしては、相当水はけの悪い土質なんでしょう。

2トンダンプもはまるわけです。

 

今回、ハウス内まで軽トラを侵入出来るように、道を作っています。

10371747_909275619171608_5938237191018832112_n

入り口も排水のため掘ったので、そこへ大きな石を投入!

毎日少しずつ石を運びました。

12795346_909275565838280_4287112645556213465_n

草刈りしていて「ガキンッ」ってあたったり、トラクターかけてて「ガリッ」とあたったりと、ただただ厄介者としか思わなかった石。

 

それが、今回、水はけをよくして地盤を固めたいときには、不可欠なやつだということが判明!!

そこら中からかき集める始末でした。

 

適材適所。この言葉が、しっくりきました。

農業は、なんでも生かせる仕事です。

石、ありがとう。

(ただ、あんたはめちゃくちゃ重かった。)

 

 

次に、鶏舎作り。

3月には、いつもお世話になっている有機農家さんから、廃鶏を20羽ほどいただけるので、急ぎ作成。

たまたま近隣の方の倉庫整理があり、そんときにいただいた頑丈そうな棚と、コンクリート敷設の時に使う木枠を使って、簡易の鶏舎を作成中。

 

土台は、隣りの畑で昨年から拾いまくっていた石ころをひき、その上にコンクリートブロック。

水平は、簡易水平器でざっくりはかり、設置。

現状は、コンクリートブロックの上に棚を置いているだけの状態ですが、今のところ、そこそこの安定感です。

風がめちゃくちゃ強いところなので、補強はしっかりめにしようと思います。

これから、屋根の波板と両サイド壁の金網を購入し、頑丈な棚を軸に組み立てていきます。

12512458_909275349171635_8490050551067390463_n

 

また、

山裾の井堰の上にかかった木や、キノコ用のホダギを伐採。

 

井堰は、鹿柵と山の斜面に挟まれた細い空間なので、作業しにくく、また、ツルや枝が絡まって、軽トラに乗せるのが一苦労でした。

11331_909275502504953_7408438369887687837_n

ほだぎは、年内に伐採だけでもしておくのがベストみたいです。

年が明けると、新芽を吹き出す準備期間に入るので、キノコ菌としては、侵入・定着しにくくなるのだと思います。

今年は、年内に早く農作業を片付けて、早めに山に入りたいです。

山仕事は、思いの他、楽しい。

12524109_909275832504920_5446659929581154289_n

ほだぎは、鶏舎予定地横に仮置き。

10371940_909275855838251_8670731699303179718_n

しばらく置いて、菌を打って、仮伏せして、本伏せ。

今回は、何種類かの木(ノグルミ、クリ、クヌギ? )に、何種類かの菌(しいたけ、なめこ、しめじ、ひらたけ)を打ってみたいと思ってます。

ほだぎは、太いものだと10年くらい(キノコが)出るものもあるようです。

 

ほだぎの伐採中、

太い葛(かずら;つる性植物の総称)が巻き付いて、木がブランコ状態になる事態が発生!!

12801494_909275809171589_1337618140732195323_n

(左上から右下にかけて見える木が、宙づりの木です。)

胸高直径は10cm程度ですが、10m以上の木だったので、もし葛が切れて落ちてきたら、重傷になる感じでした。

どうしようか迷ったあげく、木に登ってこのかずら(葛)を切ることに。

木が三股に分かれており、また樹皮に凹凸があったのと、かずらが木にへばりついていたので、なんとかかんとか10メートルくらい登りました。

12801272_909275742504929_5870073509856846292_n

木の上ってのは、居心地がよかったです。

やっぱり、昔は、猿だったんでしょうか。

いつ木から降りたんだろう。

その選択に至った過程が気になります。

(追い出されたのか、自ら地上に降り立ったのか。)

こういうことは、老後に考えよう。

10626630_909275765838260_6722840425670504010_n

この葛(かずら)、命綱としては、少し心許ないですが、木登りには重宝しました。

木を宙ぶらりんにさせられるくらいの強度だから、相当です。

 

鉈で、葛を切り落とし、高所作業終了。

最後は、木を落とした反動で、登っていた木が結構、揺れました。

もし折れそうになったら、ターザンみたいに他の木に飛び移れるものなんでしょうか。

まずは、折れないことを祈ります。

 

その他、

牛糞堆肥と鉋屑、稲藁、少しの籾殻などを混ぜて、堆肥をこしらえています。

12472543_909275479171622_1113400715882434134_n

計2トン程度。

やっぱり野菜は、土だということが、昨年、身に染みてわかりました。

12670392_909275455838291_6368082722392622192_n

ここにもいただいたコンクリート敷設用の木枠を使わせてもらっています。

12803243_909275432504960_7218994134038930949_n

牛糞の上に鉋屑や籾殻をかけて、少しでも匂い防止を計っています。

鉋屑は、ヒノキのいいにおいが結構します!

 

 

下は、もうすぐ植え付けのジャガイモ。

ハウス内で、日光浴させています。

1897896_909275532504950_4789340216600702822_n

 

 

米の乾燥機も一部、解体しました。

12791043_909275299171640_361902726463834414_n

結構解体には時間がかかります。

また、鉄製で結構重いので、解体には十分注意が必要です!

身体の危険という意味では、就農後、最大のニアミスがありました。

12802985_909275279171642_3305430406794261325_n

乾燥機の一番上についている循環籾排出レール(写真の下のバーのような部分)を取り外す一工程前。

まだこのレールが落ちてこないだろうと作業している最中に、突如「ガスんっ」とこのレールが落ちてきて、左手が、排出レールと乾燥機本体の上部枠に挟まりました。

ただ、危機一髪、排出レールが乾燥機外側の出っ張りの部分につかえて、全加重が左手にかかることはありませんでした。(小指から人差し指の間の甲の長さが8cmとすると、奇跡的につっかえた隙間は7cmくらいでした。)

排出レールが思ったよりもだいぶん重たかった(20kgくらいあり、落ちてきたときに、片手で支えられるようなものではなかった)ことに、恐怖を感じました。

落差も40cmくらいあったので、もし挟まっていれば、複雑骨折とかになっていたのではないかと思われます。

原因は、私の不注意、横着、気の弛み、想定の甘さなどでした。

はじめての解体であり、もっと注意する必要がありました。

解体は、二人以上でやるのがベストだということがあらためてわかりました。

 

この乾燥機の持ち主だった方や、この地域の祖先の方々が、私を助けてくれたんだと思いました。

健康第一、安全第一を、肝に銘じました。

一大事となれば、多少のお金のロスや時間のロスなんかとは、比べ物にならない代償をはらうことになります。

こういうのを運というのだとすれば、人生、運は、すごい大きな部分を占めていると思います。

今回も運がよかったですが、運を頼りに生きるのではなく、このような危険がおこらないよう、注意をして生きていかないといけません。

健康が第一!!

(乾燥機解体での教訓;けんたろう農園の日誌から抜粋)

 

鹿に食べられたホウレンソウが少しだけ復活していたので、片付けを兼ねて収獲、食しました。

ごちそうさまでした。

12800359_909275325838304_2507639708906338136_n

遅まきの大根も順調に生育しており、大根おろしでいただきました。

なかなか美味しいです。

 

下は、誉田公民館祭りで、新龍太鼓出演後、会場に来ていた、たつの市のマスコットキャラクター「赤とんぼくん」と「あかねちゃん」とのスリーショットです。

12745852_909275369171633_7784547116341205969_n

 

 

先日、やっとある程度、確定申告(青色)用の帳簿付けなどが完成しました。

兵庫県が無料で提供している簿記ソフトは、とても使い勝手がよく、驚きました。

大分作業が軽減されたと思います。

ここでも色々格闘がありましたが、細かいことばかりなので、また機会があれば書こうと思います。

とりあえず、事務作業も一段落。

 

2月もあと3日、気持ちよく3月のスタートをきれるよう溜まっている仕事を全力で片付けたいです。

 

 

 

 

 

冬の山 無性に楽しい 山仕事

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。