就農15ヶ月目の現況

おはようございます!

 

 

 

もう5月に突入し、さらにGWが終わっていました!

今回は、めちゃくちゃ長いGWだった方も多いようです。

農業の方は、本格的にシーズンin! 本日から就農15ヶ月目に突入です!

 

5月に入り一気に気温が上がってきました!
この辺からは、夏野菜は、加温や保温はいらずに育つようです。

 

が、先日、強風吹き荒れる日が二日間ありました。

5月3日と5月4日です。

特に私の住んでいる集落は、山からの吹きおろしで、猛烈な風が朝から晩まで吹き荒れていました。

 

結果どうなったかというと、

ピーマンとトマトは、葉っぱが茶色くちりちりになってしまい、接ぎ木が施されたスイカは、折れて枯れたりと、なかなか厳しい状況になりました。

屈強な雑草達でさえも葉っぱがかなり縮れています(先が枯れて茶色くなってしまっています。)。

13133252_955030901262746_1659544637266659953_n

 

ここに住むときに、みんな「この集落は風が強いんや」と言うてはったんですが、本当に風が強いです。

家を建てる時は、風のこともかなり考えて建てないといけない地域だそうです。

(この一年住んでみて、風の強いのは月に1から2日ほどあるように思います。)

 

 

さて、

5月に入りまずやったことは、種籾の温湯消毒です。

今年は、ヒノヒカリ20kg、コシヒカリ8kg、キヌヒカリ8kgの「3つヒカリ」です。

昨年より日程は5日ほど遅らしました(5月1日)。

 

今回もお風呂でやったんですが、変わったことといえば、お風呂がオニューになりました!

ただ、オニューになったからといって、やり方が変わったわけではありません。

13087406_950664611699375_6027831898092979314_n

種籾を2kgずつ、野菜ネットに入れて、

13094141_950664581699378_2012986577062415749_n

熱いお湯をガスコンロで沸かし、60度にして、種もみ投入!

13138779_950664635032706_7090586511617475219_n

投入後も、温度が下がるので、熱いお湯をたし湯。

なかなかアナログやけど、まー無事終了しました。

あとは、日陰に置き、2日に一回くらい水換えをしながら、無事に発芽してくれることを祈ります。

 

今年は、みのるポット苗と普通のマット苗をⅠ町(1ha)ずつくらい植えるので、同じ時期に苗を育て、マット苗から田植えしていく予定です(田植え開始は、6月1日頃)。

 

一昨日土入れして、

13174223_955030967929406_2218926775962587463_n

昨日、やっと一発目の種まき(キヌヒカリ5kg程度で5〜6反分、ポット苗箱150枚)が終了。

無事、発芽したみたいです。

種籾の方は、結構余りました。

 

本日も、種まきです。

 

 

その他、ここ最近は、種取りなどもしました。

まずはオクラ。

13133113_950664208366082_4732243667946230286_n

なかなか歯切れよく種が出てきました!

 

そして、四角豆。

13103498_950664258366077_1798149408980784682_n

こちらは、最後、実を大きくするのが遅れたので、大きい種は少しでした。

小さい種でも発芽するのかは、実験してみます。

あと、よく乾燥させてから保存しないと、カビルことがわかりました。

 

そして、黒大豆。

13139050_950664358366067_2247953849991191610_n

大豆の乾燥した葉や殻は、とてもいい匂いがします。

大豆のお茶があるのもうなずける香ばしい匂いでした。

 

こちらは、近所のおっちゃんにもらった間引きダイコン。

この時期のこのくらいの大きさの大根葉は、めちゃくちゃおいしい。

そして、ダイコンもいい辛みがあって、めちゃうまかった。お味噌につけていただきました。

4月後半の端境期にこれが畑にあるってのは、心強いので、なんとか来年はこのダイコンを作ってみたいです。

13095818_950664421699394_3553712837547482558_n

 

 

 

また、

昨年お世話になった農業倉庫から農機具等を撤収。

本当に助かりました。

13124499_955030884596081_3961842012807043642_n

(田植機で牽引しようと思ったけど、うまくいかず、結局は、籾摺り機だけ人力で引っ張っていきました。400mくらい。)

今回、また別の場所の倉庫をお借り出来ることになり、なんとか今年はそこで乾燥・籾摺りが出来そうです。有り難いです。

 

 

順不同ですが、

こちらは、苗代の準備田。

昨年より余裕をもって作っていたつもりでしたが、全く間に合わず。

苗代が固まらないうちに苗箱を並べないといけない事態になっています。

(苗代を一度固めてから水をはるとスムーズに歩けるんですが、固まる暇がなかったため、ドロドロの中、歩かないといけない状態になってます。)

段取り悪し。

来年は、3度目の正直でないといけません。

13151420_955030924596077_4275425366567940323_n

 

こちらは、レタスとワサビ菜。

13087428_950664465032723_1156726784276546253_n

ゆっくり成長しています。

やはり春蒔きのエンドウ豆は、成長遅いです。

 

 

こちらは、畝に繁茂するカラスノエンドウ。

13124419_950663841699452_823133518858101554_n

ヘアリーベッチという緑肥を田んぼに蒔いてみたのですが、カラスノエンドウとよく似ていて、違いは紫の花が多くついている感じでした。

13103282_950663865032783_5739021498430700007_n

カラスノエンドウも在来種の緑肥になるんではないかと思います。

 

 

下は、牡蠣ガラ置き場から出てきたジャガイモ。

ジャガイモの発芽力を確認。安心感があります。

 

13139030_950663885032781_6983473190063522940_n

 

 

こちらは、少し前のタマネギ。

13082682_950663908366112_4209765051772182004_n

5月に入り、べと病ぎみに。

べと病がひどかったりすると、既に収獲している農家もある模様。

先日、直売所で大量大安売りのタマネギを見かけました。

 

13133152_950664525032717_6499088769887363577_n

田んぼの方に植え付けたタマネギは、ひと足先にべと病。

13133399_950664545032715_8809705345784075666_n

ただ、現在に至まで、すべての葉っぱがダメになるわけではなく、かろうじて生きている感じです。

 

 

こちらは、スギナが繁茂した人参畑。

スギナは、表面を耕しても時期になったら毎年、繁茂してくるし、根が深く除草しにくいので、なかなかな厄介もの。

13124667_950664041699432_2824404844316458299_n

スギナに圧し潰されそうな人参葉を慎重に選り分けながらの除草です。

 

畑の中でも、宿根草の雑草が繁茂している箇所とか、砂利が上の方まである場所とか、じゅるい場所とか色々あるので、一概に一枚の畑にペーパー上で作付け計画を立てると、うまくいかないことが多いです。

 

こちらは、ズッキーニなどを色んな方法で植え付けています。

13087702_950664065032763_7958240393908721272_n

見た目があんましよくないので、もう少し工夫します。

 

 

また、この前は、お米の色彩選別も行いました。

13133350_950663945032775_4183727573513102677_n

こちらが、選別後に出た茶色ばんだお米。150kg中10kgくらい出ました。

原因は、おそらく蒸れ。

これは、収穫後、乾燥機の調子が悪かったため、2、3日、積み重ねておいており、乾燥機にいれたのは、5日後くらいでした。

おばあちゃんが、「(籾を)重ねて置かない! 」

そして、

「(刈り取った籾は、)早く乾燥機に入れろ」と強く言ってきた意味が、ようやく、よくわかりました。

失敗しないとわからないやつです。

取り返しのつかない失敗だけはしないように注意しないといけません。

何事も、少しずつ積み上げていく。一気に大きくやるのは、危ないです。

 

籾は、午前中刈り取って、昼間置いておくだけで、暑い時は、蒸れてしまうこともある。 籾は、ナイーブ。 刈り取って、数日、田んぼ放置は、問題外、とのこと(色彩選別をお願いした米穀店さんのお話)。

 

 

 

その他、

最近も、色々なヒヤリハット、ニアミスを連発させています。

少し気がぬける時が一番危ないです。

13103529_950663975032772_2748247555063528394_n

こちらは河川敷の走行中、入ってきた虫を出そうと少し目を離したら、車が堤防の坂下の方向へ!

13133217_950664001699436_6078671140197803236_n

かなりの脱線。

相当斜めになりましたが、少しずつハンドルを戻し、なんとか車線に生還。

あのまま反転するか、前進したまま堤防下まで落ちて、上がれなくなっていたか。

 

想像しただけで、こわいです。

 

 

他に、乗用車の後輪の脱落、1回。

 

また、

トラックの荷台車高の把握ミスで、橋下通過時のニアミス(橋に激突しなくてよかったです)。

トラックのバック駐車時の物損(大事でなく済んだのが、せめてもの幸運でした。)

 

車に乗ると、少し身体が休まり、余計にどっと疲れが出るのか、気が弛み、注意力が散漫になっているみたいです。

あらためて、気をつけようと思っています。

 

 

 

 

下は、目標としている牛尾農場さんの畑。

13151606_950664095032760_3587730089982846787_n

先日も、無理を言って、半日研修をさせてもらいました。

13087325_950664131699423_6686790837892466708_n

すごい綺麗な畑です。

13087628_950664158366087_5442400287577540622_n

目標とする畑を定期的に見ないと、自分が目指しているものがわからなくなるので、

定期的にお邪魔させていただいています。

本当にすごい。

 

 

2016年に入ってからは、野菜がほとんどなく、多くの方に野菜セットの宅配を一時停止させていただいている状況が、今まで続いています。

やればやるほど、野菜の宅配セットを定期的に届けられるよう綺麗にうまく野菜を作っていくことの難しさを、日々、痛感します。

 

もうすぐ、6月。

 

昨年の6月から認定就農者になり、出荷を少しずつ開始し、はや一年。

昨年よりは、よくならないといけないということを、日々考えて、行動しています。

果たして、よくなるのか。

なかなか怖いです。

が、やるしかない。

 

 

 

こちらは、回覧板でまわってきた赤十字募金のシール。

13166060_955030954596074_6013879667622603482_n

どこに貼ろうか探していると、丁度、玄関の横の柱に貼ってありました。

2009年!

今回、7年ぶりに2016年のシールに張り替えられました。

貼ろうとする場所が同じであることに、面白みを感じ、また、時代が引き継がれたことに感慨を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

野菜らの 花だけ咲かせる だめ農家

 

 

13092187_950664488366054_7405913899065757236_n

春菊(シュンギク)

 

12920498_930932683672568_5975463852311716817_n

大根(ダイコン)

 

11140310_941955525903617_2983645665972745300_n

葱(ネギ)

 

12936687_935970676502102_3057910704056259387_n

蕪(カブ)

 

 

 

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。