東京見聞録

こんばんは!

 

 

台風が本州に接近してきて以降、気温的には、比較的過ごしやすい気候になってきました。

これから、9月、10月、11月は、第二の農作業のピークを迎えます!

 

そんな中、ひとつ気がかりなのは、田んぼの水路にこのところ水が全く来ていないことです。

 

上の井堰の水を、常習的に水不足になっている下の井堰へ流しているのかもしれませんが、

もしそうだとして、

『それがどのような判断で、またどれくらいの期間続くのか。』

ということすら、2年目を迎える今も知る術がわからない、という状況です。

 

稲作は、本当に不確定要素がふんだんにつきまといます。

それでいて、米価が安く、また、稲作用の機械や設備が膨大にかかるという、とてもやっかいな作目になってしまっています。

日本のお米をずっと食べられるようにするには、何とか打開策を見いださないといけません。見いだせるまでは、持久戦です。

(上の文章は、昨日8/30の夜時点のことで、本日8/31、夕方、上の井堰に大量の水が流れ始めました。私の田んぼまでくるのは、明日の夕方頃になるでしょうか。水管理は、難しいです。)

 

 

さて、

8月の後半は、新龍太鼓として、お寺や小学校、近隣の自治会の夏祭りなどに出演させていただきました!

太鼓の練習をはじめて1年以上。何曲か覚えることができましたが、まだまだ、堅さがぬけていないようです。

 

もっと家練しなければ!

 

 

また、

22日は、一日だけ、瀬戸内国際芸術祭に参加してきました!

初の高松港!

そして、初の豊島!

14100464_1026482174117618_5045891683687933574_n

瀬戸内の島々は、それ自体が芸術的な美しさでした!

14192028_1026482050784297_265934712549971260_n

牛は、棚田みたいな場所で、牧草が生えたところに順々に移動していく方式で放牧されていました!

14095966_1026481890784313_6973861109265083945_n

島は、どちらかというと過疎が進んでいるようでしたが、過疎で使われなくなったような場所・建物とアートを融合させるような作品が数多くありました。

このような取組は、私の地域でも参考にすべきところが多くあると感じました。

中には、どう反応していいのかわからない作品などもありましたが、そもそも感性というのは色々あるので、芸術というのも色々ある。

だから、もし感動する作品に出会えたら、それが、私にとって共鳴する芸術なんだろーなーと、勝手に納得しました。

14191924_1026481697450999_5702818438738043934_n

島へは、高速タクシー船で移動!

14079793_1026481580784344_1916000698305473803_n

離島で暮らすのは、私の住んでいる地域とは、比べ物にならないほど、大変だと思いました。

昔なら、離島に住む憧れみたいなものが少しは沸いたかもしれませんが、農業をやって以降、自然に囲まれた中で生活していくことの大変さなどを身をもって体感したためか、そのような感情は全く沸いてきませんでした。

 

夜は、日本農業経営大学校時代の同期らと骨付き鳥で乾杯しました! (あと、反対側に3人います。)

14040150_737144189756933_1372002766207655124_n

みんな普段、農業やってるってのが、なんとも居心地よいひとときにしてくれました。

ツアーを組んでくれた日本農業経営大学校の先生に感謝です。

 

 

 

ここからが、東京小旅行記です。

 

たった1日(往復夜行バス)ですが、かなり充実した東京周遊となりました。

 

まずは、中野にある「味のマチダヤ」さんへ。

ここは、ワンカップの日本酒が多くおいてあるとの情報をもとに、訪問しました。

酒の卸なので、店でゆっくり銘柄をみれる感じではありませんでしたが、ワンカップは豊富でした。

また、全般にお酒が卸値近辺で売っていて、安かったです。

ワンカップは、オンラインでも買えるのですが、調子に乗って8個ほど購入。

このあと、これを持って、8km近く歩くことに。ToT —-           是非、便利なオンラインで買いましょー!

14051775_1026481437451025_9188896911011906134_n

 

お次は、いつもお世話になっているfete cafeさんのところへ。

場所は、自由が丘駅の近くにあります。

今回は、ドリアランチと果実酢割りビールをお願いしました!

14088401_1026481260784376_8350884447864274113_n

ドリアは、サービスで大盛り!!

御馳走様でした! おいしかったです!

14184427_1026481140784388_3691289144323089802_n

店内や外装は、シンプルでオシャレ。

自分の今の生活空間の早急な見直しの必要性を、再度強く感じさせてくれました。

14100417_1026480960784406_6410440920689468175_n

デザートでいただいたスイカのシャーベット。

紅茶の入れ物がまた乙です。

 

 

お次は、自由が丘にあるSUNSHINE JUICEさんへ。

最近、コールドプレスジュースというのが話題になっているようで、私も最近関わりが出てきたことから、実際の店舗で、コールドプレスジュースをいただきました。

14202505_1026480467451122_654160864232723469_n

壁には、素材の野菜を作っている各地の農家の方々の写真が貼ってありました。

14192685_1026480810784421_414471126144715109_n

店内では、色々な食物の色々な効能が紹介してあります。

このような一部の効能を敢えて取り上げるやり方には、賛否があるかもしれません。

14192685_1026480630784439_3559066420362296468_n

一般的なものの小さい方のサイズ(200ml程度)で、お値段1本なんと1000円ちょい!

 

たしかに野菜は、いっぱい入っているから、それくらいの値段はするのでしょうが、はじめは少しびっくりしてしまう値段です。

 

でも、

お酒を浴びるほど呑んだら、それだけで、一日7、8千円。

夜のお店なんかは、ボトルを入れるだけで、2hほどで、3万円越し。

タバコを一日一箱吸ったら、440円。

パチンコ負けたら、1〜2万円!?

 

そういうふうに考えると、健康野菜ジュース一日1000円は、安いように思えます。

 

ただ、一般流通米1キロ(約7合弱)200円、、、

 

ものの価格ってのは、本当にあべこべだと思います。

お金の価値がわからなくなるときに、よりどころとなるのは、やはり時間でしょうか。

お金で買える時間もありますが、買えない時間もあります。

そのうち、お金では、日本のお米は食べれなくなるかもしれません。

 

結構、〔手間〕がかかるんです。

 

 

 

そんなことを思いながら、お次は、浅草へ!

まずは、男性着物専門店の「ちどり屋」さんへ。

子供のときに着た記憶しかない浴衣を着るため、浴衣の帯を購入。

 

その後、浅草にある蛇骨湯という銭湯で一服しました。

14102739_1026480347451134_7500407847473152647_n

今回は、ほぼ浴衣初体験なので、着付け専門店で、着付けをしてもらいました。

昔から、浴衣は、撫で肩が似合うと聞いていて、自分は、似合わない系統だと勝手に思っていたのですが、

着付けのおばちゃんに、

「私って、撫で肩でないから、浴衣はおそらく似合いませんよねー? 」

と、きいたところ、

「おにーちゃんは、どっちかっていうと撫で肩ですよ! 」

とのこと。

 

これには、驚きました。      私は、撫で肩のようです。

 

日本人にスーツは似合わない、また、西洋の衣装をなぜ日本人が着ないといけないのか? というのは、前々から疑問に思っていました。

ただ、自分は、着物系も似合わないものだ(撫で肩でない)と思い込んで、和服も敬遠していました。

(会社勤め時代には、着物の着付け体験というものに行ってみようと思いつつ、一度も行けなかったという経緯はあります。)

 

ですが、私は、どちらかというと撫で肩であるらしいので、和服はある程度OKなのかもしれません。

 

一気にすべてを変えることは出来ないですが、和服が良いものなら、是非とも残したいものです。

 

今回の旅は、和服という要素も、自分にもたらしてくれました。

S__2900004

(浴衣は、知人の古い箪笥に眠っていた頂き物です。)

 

このあと、落語の寄席にも行ってみたかったのですが、時間がなく断念。

 

 

 

その後、錦糸町で開催されていた盆踊り「河内音頭」へ。

 

すごい盛り上がっていました!

 

生歌があって、音楽があって、人が大勢集まって。

14199482_1026480087451160_5747580123799068087_n

さすがに、ここの盛り上がりは、半端ないですが、盆踊りというのは、ある程度の盛り上がりがあれば、ここまで面白くなるのか、ということがわかりました!

これなら若い人たちも参加する!

14141723_1026480227451146_373847834004955183_n

伝統行事でさへ、都会から学ぶことは、たくさんあるようです。

 

 

 

次の日は、

昼間、有機稲作研究所の所長の米倉 賢一先生によるヘアリーベッチの講習がありました。

ヘアリーベッチが堆肥の変わりとなったり、水稲の初期除草の効果があったり、土壌改良効果があったりと、ヘアリーベッチの可能性について、大変興味深い話しでした!

昨年も少しヘアリーベッチをまきましたが、今年は、もっとヘアリーベッチを拡大しようと思います。

また、ソルゴーやセスバニアなど、その他の緑肥も導入していこうと思います。

 

 

そして夜は、

第2回 けんたろう農園の 農家bar                 でした!

S__21602322

今回もたくさんの人にお越しいただきました!

ありがとうございました!

 

メニューは、

・オクラのチャンプルー(オクラ)

・オクラの味噌チーズ焼き(オクラ)

14192084_1026482270784275_6144048676691315199_n

・冷やしトマト(トマト)

・肉じゃが(ジャガイモ、タマネギ、ニンジン)

・おにぎり(白米)

・チーズオムレツ(たまねぎ、トマト)

でした。

()内がけんたろう農園産の野菜です。

 

オクラが好評で、肉じゃがは味が薄く、冷やしトマトはもう一工夫(オリーブオイルにパセリなど)が必要でした。

 

チーズオムレツは、

オクラのチャンプルーとチーズ味噌焼き用に買った卵、チーズ、ハムを使用して、急遽メニューに加えました。

定番の居酒屋メニューとのこともあり、こちらも好評でした。

S__21602326

次回は、9月17日(土)を予定しております。

 

 

 

 

 

 

太鼓打ち 浴衣で踊る 夏の暮れ

広告

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメント1件

  1. 徳納とくのう久睦

    はじめまして。と言いながら、昨日、2016/9/19日、EMでお目にかかった、神戸のとくのうです。
    おっしゃるように、畑の基本は土づくりです。EMが、そのヒントになるかも知れません。

    それにしても、今日はよく降りますね。

    去年の、一年のまとめを読ませて頂きました。良い成果を上げられた事は称賛に値します。
    貴重な経験を積まれていっておられて、安定経営に、あと一息ですね!言いたく無い言葉ですが、頑張って下さい。
    新しい土地とはいえ、縁があり、良い仲間、先生?、にも恵まれておられるようですね。

    野菜と米だけでは、安定した経営は難しいと思います。堅実に、少しづつ収益の上がる方法を見付けていって下さい。
    ではまた。

    いいね

    • こんばんは!

      すいません。返信遅くなりました。

      EMづくりお疲れさまでした!

      現状の日本では、お米と野菜だけを普通に作っていては、ある程度の生活は、出来ないようです。

      ただ、昔から、普通にお米と野菜だけを作っていたのでは、農民なので、ある程度の暮らしをするには、大百姓とか篤農家とか、何かしらの工夫は必要だったのかもしれません。

      現在まで、色々な人にお世話になりながら、生きてこられていて、感謝しています。

      頑張れるうちに頑張ります!  今後ともよろしくお願いします!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。