断捨離

こんばんはー!

 

いつの間にか夏が終わり、秋に突入しました。

今年の夏は、比較的早かったように思います。

 

今回もグダグダ色々なことを書きました。2時間くらい。

そして、一息ついたとき、ずっとこんなことを続けるのか? なんのためなんだ? などと考えました。

 

その結果、

日本の食糧自給率の向上
→日本の田んぼの存続
→企業の利益重視の考え方ではムリ
→農村集落の維持が必須
→結果的に日本の風土の存続

、というような考え方が、根本にあることがわかりました。

(相変わらず堅いですね。面白みのかけらもない。)

 

その上で、このグダグダ感は、極力なくしていこうとも思いました。

 

なので、

2時間かけて書いたことを今から、削ってみたいと思います。

 

就農一年目の夏は、体重の激減とクーラーのない生活による過度の夏バテでした。

 

そして、二年目(今年)の夏は、股下の汗疹(あせも)に泣かされた夏でした。

最大の原因は、田植え時期の長期間、雨の中、田植えやチェーン除草のため、田植機に長時間乗ったことと推察されます。

7月に入り、ずっーと、痒い→痛い→痒い→痛い→痒いエンドレスの日々。

痒いのを我慢するってのは、本当につらい。頭がどうにかなりそうになる。

最近、涼しくなり、回復の兆しも見え隠れするようになった気がしています。

他にも、爪が一部、田んぼの細菌系にやられて損傷していたり、耳が小さな虫に日々狙われてかさぶたが耐えなかったりと、慣れない(各種抗体を持ち合わせていない)環境で生活した場合は、あちらこちらで、副作用も勃発している、というのが事実です。(なお、主作用は、身体と心の大部分は、健康的になる、だと思います。たぶん。)

 

 

次に、

今の生活が「普通」になりつつあり。

普通になってくると、自分にとっては意識しなくなるので、農業や農村を客観的に見れなくなる部分も増えてきました。

 

水路の草刈りや、柵の補修、その他、集落の維持作業を日常的にしないといけない現在。

自然に囲まれた環境下で、人間社会を形成(自治)することは、相当な労力がかかることを実感しています。

ただ、やっていることに対しては、疑問をもたなくなりました。作業の目的が、住み良い集落にすることだからです。

 

都会生活での疑問の多く(生かされている感)が解消されていく今日この頃に対して満足しつつも、田舎で生きる厳しさについて、実感しないとわからない自分の馬鹿さ(利口でなさ)加減に嫌気もさしたりします。

 

 

そして、結論。

要は、日本人は、日本の田んぼをどうしたいのでしょうか?

仮に日本に田んぼが必要だと思っている人がいるとしたら、確かにお金の援助は必要やし、政策も重要やけど、一番必要なのは、人手です。

(アフリカで一番求められているのが、ODAの援助よりも国境なき医師団であるように)。

 

人間社会は、金が作るんじゃなくて、人が作る。

 

主観的な物言いでいい。 客観的な物言いは、学者さんで十分(な気がします)。

 

とにかく農村では人が足りていない。というか、足りていないレベルではなく、いない。

なので農村は、田んぼは、なくなる。

正直、もっと身体を張ってくれる人がいないと。

 

 

愚痴っぽいぞ!? 農村生活に疲れたのか?

 

 

そうかもしれない。

けど、それでもええんです。(今回は。)

 

自治会長や農会長、地域の各種、役の人や、その他の協力者。

納税だけでは解決出来ないことが、農村にはいっぱいあります。

それを背負い込んでいる人たちと接していると、このような気持ちになってしまう。

 

エンターテイメントで人を呼び込むことは、マーケティングでは必要なのかもしれないけど、

厳しい現実を知ってもなお、そこに飛び込もうという人でないと、役に立たない気がします。

 

 

都会との協力は、欠かせません。それは事実です。

が、今、田舎で一番必要なのは、田舎で生きてくれる人なんです。

 

 

 

さて、

8月、9月で、色々と断捨離し、ある程度、今後のやるべきことが見えてきました。

 

そして、「田舎で生きてくれる人」。このような人を今後どんどん増やしていくことが、自分にとっての使命だと、勝手に思うことにしました。

(まずは、結婚相手を呼び込めと、色々なところから聞こえてきそーですが。。)

 

農村が断捨離の対象になりがちな世の中。まずは、その対象から外すことからです。(よくよく考えると、これって結構難しいな。)

 

 

 

こちらけんたろう農園の合鴨ん。

1000656_1048840628548439_1412528807311714363_n

現在41匹。

 

水草に飢えているので、毎日の水草やりが結構大変です(昨年はこの時期には全滅していたので初体験)。

14462916_1048840855215083_5582838213161367749_n

幸い? 水草のコナギは、自分の圃場に山ほどあります。

14479545_1048840975215071_7975856887077136929_n

水草にがっつく合鴨ん。

14495515_1048840735215095_4419506462043758401_n

これから冬にかけて脂がのってきます。

まさに人間の御都合主義。

色々思うところはありますが、まずは自分がその現実を受け止めることからです。

生後1日からいるので、愛着は、嫌でも沸きます。

 

 

9月の野菜セットは、

14470417_1048085695290599_8168939770781840623_n

(こん)な感じでお届けしています。

ナス(市川ナス、長なす、千両2号、丸ナスなど)、ミニトマト、ピーマン、オクラ、モロヘイヤ、エンサイ(空芯菜)、タマネギ、ジャガイモ(男爵、メークインなど)、ニンニクなどです。

 

これから、新米とサツマイモの出荷がはじまります!

14502770_1048840901881745_6167133286006030579_n

(稲刈り待ちのコシヒカリ)

14492344_1048840945215074_5618795193976604209_n

(稲刈りまであと1ヶ月くらいのヒノヒカリ)

 

 

 

 

 

思うのは 一人前の 遠きこと

 

 

広告

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。