年末行事

おはようございます!

4年前にいただいた消防団のズボンがきつくて、一番上のボタンがしめられず、夜警の最中ずっと苦しい思いをしていた荒木です。

早速、来年の目標の二つ目に、お腹まわりの5cm以上のダイエットを追加しました。ちなみに一つ目の目標は、家族との時間を作ることを、日常の最重点事項にすることです。

12月から始めたブログもはや5回目になりました。もう12月30日の年末です。令和元年は、どのような年でしたでしょうか? 私は、いろいろな転機を迎える年でした。来年は、2020年、子年🦔!! 我が家に住み着くお米を食べて、そこら中に糞と小便を撒き散らすネズミは、仕事上は、難敵ですが、自分が子年生まれでもあり、彼ら自身は、すごい可愛いので、憎めないところがあります。 きっちり家の中を掃除して、繁殖されないようにすることが肝心だと思っています。 ドブネズミみたいな美しさを、大切にしたいものです。

 

さて、今年の年末は、補助金がなくなる就農6年目に向けて、いろいろなところで働かせていただきました。

12月25日と27日は、インテックス大阪であったFM802のレイディオクレイジー!

飲食ブースの鉄板焼きの手伝いをさせていただきました! 有名アーティストの方々が多数出演されており、若い方達が非常に多く来場されていました。 久しぶりに都会の空気を味わいました。

西宮の甲子園口の近くに実店舗もありますので、甲子園近くに行った際などは、是非お立ち寄りください! 就農してからずっと毎週、お米と野菜を定期宅配させていただいております。 感謝です。

 

その他、昔お世話になった農家さんのところで、キャベツとほうれん草の収穫作業の手伝いにも行ってきました! 私自身は、今までは、少量多品目栽培なので、なかなか同じ品目を大量に作るということがなかったので、大規模農家の収穫・出荷方法について、勉強になりました! ただ、社長曰く、露地野菜の収穫・調整に関しては、30年前に機械化などの変革があって以降、ズーーとほぼ同じ方法のままだとのことでした。技術革新の停滞が露地野菜の重労働の原因の一つにもなっているようです。

キャベツは、1箱12キロくらいになり、あぜ道を2段持って道路側まで運ぶ作業が、完全に体力労働でした。ほうれん草もコンテナがでかいので、2段積むと相当重いです。

小さい畑や田んぼがいまだに多いというのも、このような体力労働が増えてしまう原因だと思います。 ただ、体力労働だからこそ、高齢者の方は、避けてくる作物であることも確かなので、60歳くらいまでは、体力系の作物を重点的にやることで、市場の需要をつかむことができるようにも思っています。誰でもできない作物という意味では、重い野菜も狙い目です。まーきついですが。 消防団の服を買い直さなくてもいいようにするためにも、けんたろう農園では、体力系のサツマイモ、ジャガイモ、ごぼう、大根、白菜などは狙っていきたいと思っています。無駄な出費の削減、健康増進、腹の出てないかっちょいい親父をねらいます。

 

そういえば、今年は、本当に暖冬でした。いまだに新潟でも雪がほとんど積もっていないらしくスキー場もOPENしていないとの事です。 冬休みのスキー場クローズは、観光産業の地域にとっては、大変な打撃だと思います。 3年前からスキーを復活し、今年の冬は、勢い余ってスキー板まで買ってしまった身としては、雪がないのは、辛いです。 雪景色は、本当に白くて綺麗で、好きなので、早く香山にも雪が降らないかと心待ちにしています。

暖冬の影響で、昨日は、一つのわさび菜に20匹以上のダイコンサルハ虫がたかっていました。そのわさび菜は多少、霜にやられていたので、集中攻撃されたようです。ただ、やられていたのは、その一株だけでした。ほうれん草には、まだ、てんとう虫が活動してくれていました。この時期は、フツーほうれん草を抜いた時に地面に亡骸が落ちていることが多い時期なのですが、ほうれん草の葉の上で動いていてびっくりしました。いやー、暖冬です。

とある農家では、無加温でいまだにハウスのキュウリが取れていました!!

81213807_2617168765048943_7605832338945081344_n

日照条件は、非常にいいところですが、兵庫県でも12月にキュウリが取れるとは。来年、うちでも7月採りの遅めからはじめて、11月採りまでは、狙いたいと思っています。

 

そして、昨日は、実家の万博公園の太陽の塔へ!!

[裏の太陽]

[表の太陽]

そして、ラーメン。 人は、イベントに集まります。そして、農産物は、人に買ってもらわないと農家は、成り立ちません。

ただ、つくるだけのスタイルもありだとは、思いますが、出口をイメージして、農産物をつくることも大事だと思います。 ・・・という口実(建前)で、ただただ、イベントを楽しんできました。 来年は、娘も連れてこようと思っています。

今年は、何かと当たり年だったので、人生初めての年末ジャンボ宝くじを4枚購入しました! 10億円当てて、「山堆肥農法」を推進します。具体的には、植栽権のある山を買って、そこに広葉樹などを植えていくというものです。山と育苗施設、その他の運営費用に、10年間で10億円全てを投資します(年間1億円)。そして、11年目以降も、その活動を持続的にするために、その山の途中には、拠点を据えて、ロードバイクなどの休憩地を設けて、「山堆肥農法」の普及活動資金を捻出できるような仕組みを作り出します。

山々を広葉樹で溢れ返らせ、その山から流れ出た川の水を田畑まで引っ張ってきて、田畑輪換などで作物を栽培することにより、ミネラルを十分に畑に送り込む農法です。生物が多様な広葉樹の山々が増えれば、自然と、川の生態系も多様になり、それだけ、畑に送り込まれる水にも様々な栄養素が含まれることになります。なので、山々自体を堆肥場にしていくという発想です。山が堆肥場で、川が水路です。そして川から栄養・ミネラルたっぷりな堆肥入りの水を、人間が住む集落の近くに少しだけ分けてもらって、あとは、太陽からもエネルギーをもらって、人間に必要なエネルギーや栄養素を作り出すという、昔からやっている農業の考え方です。

昔、邪馬台国という豊かな国があったようですが、あれは、ともすると 山大国 だったのでは、ないかと勝手に思っています。また、古来の日本人のことを、大和の国や大和の民とも言いますが、山の国が、いつの間にか大和の国になったのではないかと、勝手に思っています。

というわけで、来年以降、広葉樹を植える団体が大々的に広告宣伝を打ち出したら、荒木が年末ジャンボを当てやがった、と思ってください。よろしくお願いします。

 

そして本日は、毎年恒例の高校野球部の忘年会です。社会人にみんながなった頃から始まったように記憶していますが、毎年必ず出席しています。 いつまでも、良き仲間であり良きライバルです。 負けん気とかモチベーションとか、そういうものの原動力にいつもなります。

人間なんて、モチベーションで、仕事の生産性は、2倍、3倍になると確信しています。

8169

8168

81678189

 

「ジャンボ当て 山に向かって 飛んで行く」

 

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。