白い葉牡丹

こんにちは!

ブログの更新に少しずつ遅れが見え始めた今日この頃。

うちの畑では、1月後半の長雨による菜の花の開花から一転して、氷点下の朝が数日、続いています。一時は、白菜の菜花が一部の結球しなかった白菜で出始めたんですが、それも一時ストップしている様子。

そんな中、真っ白な巨大葉ボタンを発見!! そう、それは白菜の葉牡丹! 葉牡丹は、アブラナ科なので、白菜でも同じような花が咲くようです。

現状の白菜の畝は、こんな感じで、秋に芋虫に食害されてしまったところには、ニンニクを植え直して、マルチの有効利用を図ってます。

ニンニクには、本格的に草が生え始めたので、近々、マルチの穴の周りを除草して、2月中には、油粕を追肥する予定です。 大根は、未だに緑の葉っぱが繁茂しており、10月種まきの大根ですら、大きくなりすぎてヒビ割れが発生しています。

8749普段なら、1月に入ったら、葉っぱが全て枯れて、2月下旬ごろから、新葉が芽吹きはじめ、同時にスが入り始める感じなのですが、今シーズンは、ずーっと成長しているようです。 白菜は、大きくなり過ぎて、爆発しています!! まるで、漫画「北斗の拳」の胸筋でシャツを破ったみたいな感じに、白菜の外側が弾けています。 ユアッショーーです。 自家用では、食べれますが、出荷不可です。美味しい白菜の菜花が中から出てくるのが楽しみです。

こちらは、春菊と野生の菜花。春菊は、勝手ばえのものを周りを除草して残しています。20株くらいあり、今年は、越冬しています。

野生の菜花は、辛味が多めで、本当に美味しい味覚です。こちらは、秋野菜を植えるときに、畝間を大きくあけて、そのまま放置すると、菜花が優勢となり生えてきます。この時期から出てきた菜花は、かなり株が大きくなるので、一株でもかなりの量が取れます。大きい株は、最盛期で一回200g分は、取れるような気がします。
菜花の収穫において、初めのうちは、多少面倒くさいですが、菜花の株元から折って、脇芽も大きな菜花が出てくるようにします。

そして、現在の九条ネギ。1月末の長雨の前に、ぼかし系の肥料と油粕を追肥しました。2月末以降の成長が楽しみです。

すでに1株で13本になっている株もあります! かたや右の写真のような、2株でも6本程度の株もあります。 ほとんど同じ場所なんですが、これだけの違いが出る。植え付けた苗や、植え付けられた土壌の状態、それぞれのタネが持っていた遺伝子、その他、いろんな要素があるんだとは思いますが、それらを予想するのは、本当に至難の技です。

収量がものを言う世の中なら、断然、1株13本のネギがいいんですが、一株2〜3本であっても、自給的な農業(自分たちの家族が食べるためだけ)なら十分かもしれません。
まーなんにしろ、少しずつ九条ネギの性質がつかめてきたのかもしれません。

上の写真は、現在の田んぼ。ヘアリーベッチとレンゲがすでに繁茂し出しています。ヘアリーベッチの11月まきを5月まで放置すると、ツルの長さが1mを越え、また、3月頃に伸びたツルが枯れて、かなり固くなるので、トラクターの普通のロータリーで鋤くことが出来ず、昨年は、苦労しました。田植えが遅れ、あそこは、田植えするの? と、集落の人に度々聞かれました。今年は、昨年おちたタネが発芽しているので、種代はうきますが、伸び過ぎたベッチの処理は、本当に苦労するので、今年は、4月上旬には、トラクターで鋤いてしまおうと思います。

ヘアリーベッチの花が、一部で既に開花していました。暖冬です。

菜花も開花。水仙はおおよそ平年どおり開花です。

昨年9月下旬頃に種まきし、10月下旬頃に定植したカモミールは、やっと根付いたようです。

今年は、たつのでは、娘以外の雪を見ていないので、弾丸で新潟まで雪を見に行ってきました。雪は、幸いありましたが、新潟でも「これまで経験したことのない雪の少なさ」と80年こちらに住んでいる人が言っている、とのことでした。大雪でハウスが倒壊するなどの被害はなくなりますが、やはり雪が降らないのは寂しいです。今年は、例外的に少ないとしても、近年、関西圏では特に、雪が少なくなってきているように思うので、来年以降は、もっと雪が降ってほしいものです。

昨日は、うちの大根を使って大量の大根おろしと紅葉おろしを作り、播磨の生牡蠣で牡蠣酢。カツオのたたきには、大量のオニスラ(オニオンスライス)。このタマネギ、生で、水につけなくても、すごい甘い。 九条ネギも大量に刻み、焼き目をつけたガンモとヒラ天にぶっかけ。なめこ味噌汁と5種キノコ(椎茸、なめこ、えのき、舞茸、ヒラタケ)のバター炒めにも、玉ねぎスライスをトッピング。

ご馳走様でした。8772

 

「きさらぎに 白の葉牡丹 雪を待つ」

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。