日本ミツバチの巣箱作り

こんにちは!

最近、ブログが長すぎると酷評をいただいているAgri Kitchen’s Blogです。

つらつらと書くのが好きなのですが、情報発信している以上、内容を端的に、わかりやすく伝えていくことも大事ですね。 文章力を磨いていきたいと思います。

巣箱 庭

さて、

最近、国連のSDGsなどを皮切りに、環境問題への関心が、より高まってきている中、ミツバチへの関心も徐々に高まってきているようです。

私も、日本農業経営大学校時代の小口ゼミで見た「ミツバチの大地」という映画などがきっかけで、ミツバチに対する関心が高まり、その後、日本には、日本ミツバチという野生のミツバチがいるということを知り、どうしても日本ミツバチと共に暮らしたいと思うようになっていました。ただ、なかなか巣箱を作って設置するという段階には至らず、就農して五年という年月が経っていました。

そんな折、ひょんなfacebookの情報から、日本ミツバチと森を作るプロジェクトで、巣箱の助成から、設置のやり方等も教えてくれる「ビーフォレストクラブ」という団体と出会い、今回、日本ミツバチの巣箱を私の農園周辺に設置できることになりました!

巣箱は、キットにしてくれており、組み立てて、二週間ほど外の空気にさらしておき、3月中旬頃に、日本ミツバチが営巣してくれそうなところに設置して、日本ミツバチの分封を待ちます。入ってくれるかは、まだわかりませんが、入ってくれて、一緒に暮らせたらいいなと思っています。

 

そして、夏野菜の育苗のため、現在、急ピッチで家の横に、育苗ハウス(9m×5.7m)を再建しております。 はじめにやる50cm間隔で25mmパイプを45cmくらいの深さで差し込んでいく作業。これが一番大変です。現在、合計38本のうちの35本を差し込みました。3m×4m×5mの三平方の定理で、直角をとり、反対側の直角・平行を保ちます。

久しぶりの筋トレの後の飯は、うまい!

白菜のクリームソースパスタと、野生の菜花のペペロンチーノ、大根サラダに、農家のおでん。デザートにレアチーズケーキの自家製パクチーのせ。やはり、レアチーズケーキには、ミントの方が合いますね。   ご馳走様でした。

 

「はこ置き場 ミツバチ目線で 考える」

 

 

 

 

 

「」

荒木 健太郎 について

2015年3月から兵庫県たつの市新宮町で新規就農した荒木健太郎です。 無農薬・無化学肥料で稲作と少量多品目の露地野菜を生産・販売していきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。